ゲームアカウント売買・RMTができるフリマサイト


ゲームアカウント売買のフリマサイト

ゲームアカウント・アイテム売買の老舗RMTサイト

ゲームアカウントデータ・RMT売買サイト

ラグナロクオンラインのRMT買取業者の査定相場は?ゼニー・カードを高く売る方法まとめ

2021年11月15日

この記事では『ラグナロクオンライン』のゼニー・カード・データを売ろうとしている方に役立つ情報をお届します。買取業者(RMTサイト)の査定条件、相場情報やゼニー・カード・データを高く売る方法を解説します!

垢売マスター

この記事は約5分程で読めます!

この記事で解決できる内容
  • ラグナロクの買取業者の査定条件
  • ラグナロクが売買される相場情報
  • ラグナロクのゼニー・カードを高く売る方法

ラグナロクオンラインの買取業者(RMTサイト)は?

現在もPC・スマホ・ソシャゲアカウントの買取をしているRMTサイトはいくつか存在します。
各サイトの簡単な紹介(各サイトから引用)と垢売マスター独自の視点での解説を交えて紹介します!
(他記事でも同様の紹介をしてますのでデフォルトでは隠してあります。)
※個人サイトと中国系のサイト(買取はあまりやってないので)は除外しています。

気になったらタップしてね。↓

マツブシ

RMTといえばマツブシ。創業15年以上、総件数120万件超えの取引実績!ゲーム内通貨、アイテム、アカウントを最高の品質(安全度)でご提供します。国内最大手だからこそできるスタッフの安心サポートで安全かつ快適なお取引をお約束します!

垢売マスターの解説
  • PCゲームの取り扱いは勿論ありますが、スマホゲームのアカウント売買に力を入れている。
  • 各ゲームに精通したスタッフが査定を行っている。
  • サービス、サポートを売りにしているので対応力がある。
  • 買取をするアカウント条件は厳しめでハードルは高め。

RMT KING

日本人スタッフによる安心対応とスピード取引のRMT KINGにお任せください。9:00~23:00まで営業中。【購入の方へ】ご注文~最短15分で受け渡し完了!業界唯一のBAN補償!【買取の方へ】最速15分で振込み完了!常時買取強化中!<

垢売マスターの解説
  • ゲームアカウント・通貨は勿論ありますが、電子マネーの売買も行っている。
  • RMTにはつきもののBANに対して「BAN補償」がある。
  • リピーターには便利なポイント購入サービスがあり、還元機能もあり。
  • マツブシより買取のハードルは低いがアカウント買取の取り扱いタイトルは少なめ。

スマホゲームアカウント高価買取サイト

スマホゲームアカウント高価買取サイト(LINE査定無料)、4つのポイント。 簡単!!・無料!!・安心!!・スピード!! をモットーに取引を行っております。

垢売マスターの解説
  • 『スマホゲームアカウント高価買取サイト』というのがサイト名。※以下『高価買取サイト』と略します。ご了承ください。
  • スマホゲームアカウントの買取に特価したサイト。
  • 買取中のゲームより買取が終了してしまったゲームが多い。※ちょっと残念。

RMT-Acc

RMT-Accは、業界初の「アカウント専門RMTサイト」として2008年より運営しており、取引実績に裏づけられた確かなサービスと、長年の経験によるノウハウがございます。この機会にどうぞご利用ください。

垢売マスターの解説
  • 2021年現在まで、アカウント販売に対するBAN報告件数は「0件」※販売した母数にもよるが本当なら凄い。
  • サイトの作りが古めなので少し分かりにくい。
  • スマホゲームだけでなく、一部PCゲームのアカウントも買取あり。
  • 在庫切れのゲームタイトルが多い。

RMTジャックポット

国内1位の売買実績!だから安心の取引。RMTのことならRMTジャックポットへお任せください。取り扱いゲーム多数の総合RMTサイト。ドラクエ10やFF11、FF14、リネージュ2、PSO2、ラグナロク、レッドストーン等に対応。

垢売マスターの解説
  • 恐らく前述したサイトの中で一番の老舗。※2004年から運営と記載あり。
  • PCゲームの通貨売買を主としている。
  • 若干だがスマホゲームのアカウント買取もあり。
  • 露出は少ないが安定してRMT売買がされている。

ラグナロクオンラインの買取業者の査定条件は?

各買取業者のラグナロクの査定基準を表でまとめています。どの買取業者に査定を依頼するかの判断材料にしてください。

サイト名 ラグナロクの査定条件
マツブシ ■ブレイザブリクZeny
1口=10M。10M=1000万Zeny。100Mから買取可能。
■露店サーバーZeny
1口=1万 Zeny。5万 Zenyからの買取可能
RMT KING ■1口=1000万ゼニー(10M)にて
■Noatunは1口=1万ゼニー
※露店取引をご希望の場合、購入時に商人キャラクターが必要
※毎週火曜日の10:00 ~ 15:00はラグナロクの定期メンテナンス
高価買取サイト 取り扱いなし
RMT-Acc 取り扱いなし
RMTジャックポット ■1口=1000万ゼニー(10M)にて

ラグナロクはゼニー(通貨)を買い取りしている業者が多い!

ラグナロクのゼニー・カードが売買される相場は?

※垢売マスターの独自調べです。
ラグナロクはアカウントよりもアイテム・装備・通貨などがメインに売買されています。
平均的に売買される相場は20,000円~50,000円程が一番多く取引されているようです。
ゲームアカウント・RMTで一番多く売買される価格帯は3,000円~5,000円と言われているため、高めの価格と言えますね。
2002年12月1日にサービスを開始、20年近く愛されている超老舗のオンラインゲームであり、月額課金制を採用しているため貴重なアイテムなどは900,000円を超える金額で売買されることもあります。

きゅっ・・・9 0 万 円 !?

ラグナロクの高価売買ランキング

ラグナロクの売買状況を表でまとめています。「自分のアイテムはいくらで売れるのかな?」といった参考にしてください。※垢売マスターの独自調べです。

カード ※装備品の性能をカスタマイズできるアイテム
黄金蟲カード 890,000~900,000円
魔剣士タナトスの思念体カード 580,000~610,000円
無慈悲なジオイアカード 450,000~480,000円
ギロチンクロスエレメス(MVP)カード  440,000~460,000円
ボミカード 240,000~250,000円
オークヒーローカード 180,000~200,000円
EL-A17Tカード 180,000~200,000円
真理の魔法使いカード 150,000~170,000円
キエル-D-01カード 130,000~160,000円
堕ちた大神官ヒバムカード 120,000~130,000円
グルームアンダーナイトカード 120,000~130,000円
絶望の神モロクカード 120,000~130,000円
フェンリルカード 90,000~100,000円
TWOカード 30,000~400,000円
オークロードカード 30,000~400,000円
ペクソジンカード 30,000~400,000円
魔神の巨影カード 15,000円~17,000円

アイテム
改良型濃縮エルニウムの箱 9,000~60,000円
職業スペシャルチケットの箱ID 2,800~30,000円
改良型濃縮オリデオコンの箱 10,000~55,000円
バブルガムの箱 3,000~20,000円
特選ネコ缶 5,000~12,000円
ゼニー ※ラグナロクの通貨の単位は「Zeny(ゼニー)」
1M 8,000円
2M 18,000円
5M 40,000~55,000円
10M 90,000~110,000円
 

 

10万円以上も多いな~~~

ラグナロクのゼニー・カードを高く売る方法は?

ラグナロクのゼニー・カードを売るならできる限り高く売りたい!という方が大多数かと思いますが、
残念ながら各買取業者には買取条件がありアカウント内容によっては査定すらしてもらえない場合があります。
買取条件を満たしている場合でも、自分が想定していた金額より大幅に低いというケースも多々あります。

何故買取業者に依頼すると査定金額が低くなるケースが多いか?

理由は簡単です。
買取業者はアカウントを買い取る=在庫を抱えるリスクがあるからです。

当たり前ですが、買い取ったアカウントを買取金額よりも高く売った差額が買取業者の利益になります。
その差額が大きければ大きい程、利益は増えます。低価格のアカウント程、利益は低くなります。
だからこそ、査定条件のハードルは高めになり一定以上の価値があるアカウントのみを買い取って販売しています。
買い取ったアカウントがいつまで経っても売れない場合やアカウントの価値が下がってしまった場合、その分赤字となる可能性があります。
買取業者からすると買い取ったアカウントは早く売りたいというのが正直なところかと思います。
※買取業者を否定している訳ではありません。ボランティアではなくビジネスとして行っているので上記は当たり前のことです。

 
 

だから査定条件のハードルが高めなのです。

ゼニー・カードをどうやって高く売るのか?

前述のように買取業者に依頼すると希望額より安くなる可能性がある、というかそもそも査定すらしてもらえないという場合にどうすればよいのか?
垢売マスターが提案できるのは以下方法です。

ゼニー・カードを高く売る方法
  • SNSなどを活用して個人間で売買する。※この方法はリスクが高いため推奨しません。
  • フリマサイトなど、仲介サイトを通して売買する。

SNSなどを活用して個人間で売買する

1つ目のTwitterなどのSNSでよく見かける、個人間売買での取引について、手数料などが発生しないため、販売した金額がそのまま利益になります。
※各SNSのDMでやり取りをしてお金の支払いやアカウントの受け渡しを行うのが一番多い取引方法です。
ですが、お金やアカウントの持ち逃げがされるリスクが高いため垢売マスターでは推奨していません。
よくある詐欺のケースがお金が支払われる前にアカウントを渡したら音信不通になり、そのままアカウントを持ち逃げされるというケースです。(逆もしかり)
※詐欺師は言葉巧みに先にアカウント情報を聞き出そうとしてきます。

 
 

手数料はないけど、リスクが非常に高いので推奨しません。

フリマサイトなど、仲介サイトを通して売買する

2つ目のフリマサイトなど、仲介サイトを通して売買する場合、サイトがお金を預かってくれるので前述した持ち逃げのリスクはまずありません。
ただ、サイトを通すことで仲介手数料が発生します。
サイトにより仲介手数料は異なりますが、商品価格の7~10%程度が平均でしょう。

売買できるフリマサイトについて

大手フリマサイトのメルカリやヤフオクでは以前はゲームアカウント売買・RMTが可能でしたが、現在は利用規約で禁止されています。
※手数料が安いラクマでも禁止されています。
上記サイトではゲームアカウント売買・RMT自体が禁止されているため、そもそも売買できません。
現在、ゲームアカウント売買・RMTができるフリマサイトはゲームクラブゲームトレードの2サイトのみでしょう。
※正確に言うともう少しサイトはあるのですが、規模が小さいため除外しています。
ちなみにこの2サイトについて、実はほとんどの買取業者やRMTサイトも利用しています。
※ごくわずかですが利用していない買取業者もいます。

買取業者が買い取ったアカウントをゲームクラブゲームトレードで販売しているケースも十分にあります。

 
 

ということは・・・

ここまで言ってしまえば分かるかと思いますが、
最初からフリマサイトで出品して売るのが一番高く売れて尚且つ安全に取引ができるのです!

どちらのサイトも会員登録・出品は無料なので、ゼニー・カード・データを売りたいという方はとりあえず出品をしてみると良いでしょう。
仲介手数料はかかりますが、買取業者に買取をしてもらうよりその金額は断然少ないです。
また査定条件などもないため、どんなアカウントでも売ることができます!
※チートや不正ツールを使用したアカウントは不可です。

 

ゼニー・カードを売りたいときはまずはフリマサイトで出品しましょう!

ラグナロクのゼニー・カード・データを売るときのまとめ

ここまで垢売マスター独自の視点で解説してきましが、この記事のまとめは以下になります。

  • 買取業者には査定条件があり、アカウント内容によっては査定も不可。
  • ラグナロクのゼニー・カード・データの相場は安くて1,700円~50,000円程、高いと900,000円を超える。
  • 買取業者に買い取ってもらうと金額は低くなりやすい。
  • ゼニー・カード・データを高く売るならフリマサイトを利用するのが無難。

あなたのアカウントができる限り高く売れることを願っています!

 
 

健闘を祈る!

ラグナロクオンラインの公式Twitter


ゲームアカウント売買・RMTができるフリマサイト


ゲームアカウント売買のフリマサイト「ゲームクラブ」

専用出品を安全にできる『暗証番号』機能や買取機能など他RMTサイトにない独自の機能が充実しているサイト。手数料は7.7%で出金までのスピードは最短30分と記載されている。前身サイトの「RMT.club」から様々な機能がアップグレードされている。


ゲームアカウント・アイテム売買の老舗RMTサイト「RMT.club」

大手RMTサイト中では一番歴史が古いRMTサイト。運営歴が長いため運営側の対応も比較的しっかりしているサイト。閉鎖予定だったが、2021年10月に再リリースした過去がある。


ゲームアカウントデータ・RMT売買サイト「ゲームトレード」

業界最大手のRMTサイトの1つ。手数料は8.8%。以前は出金までに時間がかかるのがネックであったが、現在は改定され本人確認承認済みであれば最短24時間で売上金を受け取ることができる。